HOME>アーカイブ>人間関係の悩みにカウンセリングスキルで対応できるようになろう

心の問題のサポートをしよう

カウンセリング

現代社会は心にさまざまなストレスをかかえる人の多い社会でもあります。そんな中で、心の支えを必要とする人たちの解決への道しるべとなるのが心理カウンセラーであるといえるでしょう。心理カウンセラーになるには、心理学的な知識とカウンセリングに関するスキルの両方を持ち合わせている必要があります。それらを学び心理カウンセラーの資格を得ることで活躍の場が広がります。心理カウンセリングは1対1の対面式で行われます。そのため、人から話を引き出ず能力やそれを分析する力が試される職業であるといえるでしょう。さらに、自分の感情を抑制し冷静に対処する能力も必要とされます。心理カウンセラーは人間の心理そのものに興味があるという人はもちろん、人と接するのが好きで誰かの支えになりたいと考えている人に向いている職業といえるでしょう。

どのような場で活躍できるのか

男女

心理カウンセラーの活躍の場はさまざまです。たとえば身近な人の悩みを聞いて心の支えになることにも役立ちますし、ビジネスの中で役立てることもできるでしょう。場合によってはサロンなどでの独立開業も可能です。医療や福祉はもちろん、教育の現場や企業など、多くの場で必要とされている職種ですが、専門職として本格的に活躍するには大学や大学院の心理学科で学び、臨床心理士や公認心理師などの資格を取得する必要があります。

民間スクールで短期間に学ぶこともできる

カウンセリング

心理学の基礎部分とカウンセリングスキルを学ぶのでしたら、専門学校などの民間スクールでも可能です。メンタル心理カウンセラーやメンタルケア心理士などの民間資格を得ることができ、日常生活や各職場でその知識を役立てることができるでしょう。これらは資格取得にかかる時間が短く、費用負担も少なめな点が魅力だといえます。心理系の資格にはさまざまな種類があるので、それぞれの特徴をよく知った上で資格取得をめざすことが大切です。

広告募集中