どのようにしたら先生になれるか

園児と先生

幼稚園教諭にあこがれて、大学進学を目指す人も少なくありません。特に高校三年生の進路指導の時にはどのような将来を迎えるかをある程度明確にしておくことで大学で自分がやりたい勉強することが可能になります。クラスにいる女性のうち何人かは、幼稚園の先生になりたいと考えるはずです。この場合、大学に進学して卒業してから幼稚園の先生になる方法が考えられるでしょう。ちなみに、短大に通っていても幼稚園を先生になることは不可能ではありません。では、この二つは何が違うかというと2種免許と1種免許の違いがあります。4年制大学を卒業すると1種免許を取得することができ、短大を卒業すると2種免許を取得できる仕組みになります。

どのような仕組みで免許が取れるか

将来的に幼稚園教諭になるためには大学や短大を出ることは理解できたはずですが、資格を取得しなければそもそも先生になることはできません。この時の資格はどのような扱いになっているかといえば、基本的に大学を卒業するための単位を取得すれば、資格を取得できる仕組みになっています。ただ、大学や短大といってもその学校が幼児教育に関するカリキュラムを持っていなければ意味がありません。そのため、幼児教育に関するカリキュラムが整っているところに通わなければならないわけです。入学するレベルはそれほど高くありませんので、受験勉強の時は基本的な内容さえマスターしておけば入学することは可能になるでしょう。

短大と四年制のどちらがよいか

幼稚園教諭になるためには、短大に行く方法と四年制大学に行く方法の2種類がありました。どちらがよいかといえば、どちらでも幼稚園の先生になることは不可能ではありませんが、幼稚園の方針で4年制大学の生徒しか採用しないようなところもありますので四年制大学を出ている方が有利です。ただ、短大の卒業生を受け入れているところも少なくありません。短大の生徒を受け入れているところは、少しでも若い先生を採用したいとの思いがあるかもしれません。いずれにしても、進路を選ぶときに若干違いがある程度です。ちなみに、専門学校へもありますので、文部科学大臣指定の専門学校ならばそこで免許を取得することができます。ちなみに、専門学校の免許は2種免許になるため短大を出たのと同じことになるでしょう。学校で勉強する内容に関しては、幼児教育の基本だけでなくピアノを弾けることが重要になります。ピアノに関しては、初心者でも学ぶ姿勢さえ見せれば上達していきますので心配ありません。

広告募集中